過払金請求は流れ作業処理

投稿日: カテゴリー: 債務整理

司法書士って昔から高収入で有名でした。年収2000万円なんてざら。
しかも弁護士の様に裁判に負けたり、税理士の様にヒエラリヒーが無いから
地域の親分税理士に気を遣う事もない。
司法書士は、登記関係の仕事が大部分でした。
不動産の取引で、登記簿に登記を行う事がメインの仕事です。
でもここ20年くらいで、ずいぶん違ったようです。
20年前はクレサラ。つまり、借金を返せなくなった人の自己破産を助けるビジネスに
変化したそうです。(もちろん、登記もやっていますが)
そしてここ10年位は過払い金請求に様変わりしています。
過払金請求は、闇金相談と違って、合法的な貸金業者が相手なので
司法書士自身の身の危険はありません。
また、交渉事も無いので楽な仕事の様です。
テレビやラジオで過払い金請求の広告を見ない日はありません。
完全にバブル状態の様です。
でも、過払い金も時効は10年です。昨年の2016年がそうだったんで
大分減りそうなんですが。
それでも電車の中吊り広告も減っていませんね。

処で聞いた話では、過払い金請求ってある事務所ではアルバイトを雇って流れ作業で処理しているそうです。
それだけ簡単な事務処理だけの仕事なので素人でもできるらしい。
今でこそ、報酬の上限が設けられているそうですが発生した過払い金以上の弁護士報酬を得ていた
事務所もあったらしい。
それに比較すれば闇金相談なんて、全く割が合わないのでは・・と思ってしまいます。

最強の闇金相談の専門家はコチラです。