家族にバレナイ

家族にバレナイでヤミ金問題を解決できるか?

誰にも相談しないで融資を受けた。でもそこが闇金で
返済が滞ったり、ヤミ金側が完済させようとしない場合、いよいよ取り立てや
嫌がらせが始まりました。
この場合、闇金相談専門の弁護士や司法書士に委託した場合
家族や職場に解らない内に解決する事が出来るのでしょうか?
 
答えはケースバイケースです。
複数のヤミ金から借り入れている人が、闇金相談専門の弁護士・司法書士に問題解決を
委託したとします。
弁護士は受託した旨を、電話、ファックス、郵便で各闇金に通知します。
普通は、この時点でヤミ金からの取立てや嫌がらせは止まるんです。
でも、中にはこれを無視して取り立てや嫌がらせを続行する闇金もいます。
 
闇金には依頼者(被害者)の個人情報を握られているので、依頼者の家族や職場に対する
嫌がらせが始まってしまいます。
この時点で、弁護士(司法書士)から、ヤミ金問題解決の協力依頼の説明がなされます。

・闇金(又は知らない電話番号)からの電話には出るな。着信拒否をしろ
・ヤミ金融が訪ねてきても、絶対にお金を払ってはいけない。
・職場にヤミ金から電話が来ても取り次がない。
 
などです。
弁護士の中には、当該のヤミ金に対して同じような嫌がらせをやって止めさせる方法もあるそうです。
この間、およそ4日。
これで、無鉄砲な闇金も取り立てを止めるケースが多いそうです。
この間に、携帯電話の位置情報でヤミ金の正体が割り出される可能性も高いそうです。
 
でも、こんな無鉄砲な闇金は1割ほどだそうです。
つまり、この1割が、借り入れたヤミ金に入っているかどうかで、家族や職場にバレナイかどうか
決まります。
完全に運の問題です。

 

最強の闇金相談の専門家はコチラです。