ヤミ金被害の実態

ヤミ金被害の実態

闇金の嫌がらせで、実際に被害を受けた人から聞いた内容です。
どんな嫌がらせでお困りなのでしょうか?
大きく分けると
 
・会社(職場)に督促電話が頻繁に掛かってきて仕事にならない。
・自分だけでなく、家族や親兄弟にまで電話攻撃を受けた。
 
この2つが多いようです。

 

・職場への電話攻撃

 ヤミ金への返済が少しでも遅れると、職場に頻繁に督促の電話が掛かってきて仕事になりません。
 上司や同僚がこのことを知らないと(知っていても)最悪職を失う恐れもあります。
 本当は職場には電話を入れさせないように出来れば良いのですが、まず不可能です。
 今は簡単に電話番号を調べる事が出来るので、「会社には電話を入れないで」という弱音は絶対に
 言ってはダメです。
 もし、派遣社員の方は派遣先にも派遣元にも両方に嫌がらせの電話が着かねません。
 又、以前勤めていた会社名を言ってしまったら、そこにも電話が来ます。
 最悪その会社から損害賠償請求される可能性もあるので、絶対に自分が勤めていない会社名を使ってはダメです。

 

家族に対する電話攻撃

 自宅に引っ切り無しに電話が掛かります。もし親や兄弟の自宅の電話番号を知られていたら同様です。
 家族や親兄弟から責められて居たたまれなくまります。
 最悪は、家族や親兄弟が貴方に代わってお金を払ってしまう事です。
 闇金融は「あいつの兄は脅せば金がとれる」・・と解ったらその人が狙い撃ちになります。
 
 又、当該の闇金融が地元のヤミ金なら自宅に押し掛けます。
 玄関先で大声で督促したりしまので、近所から苦情がきます。
 又、大量の宅配ピザや宅配寿司の注文があったり、考えられる限りの嫌がらせをされます。
 
いかがでしょうか?こんな連中の対応できるでしょうか?
対応できるのは 闇金相談専門の弁護士や司法書士事務所だけなんです。

 

最強の闇金相談の専門家はコチラです。