闇金相談における弁護士と司法書士の違い

闇金相談における弁護士と司法書士の違い

簡単に言ってしまうと、弁護士は法律の専門家で訴訟などの裁判を担当できます。
司法書士は代書屋です。
こう書くと弁護士に依頼しないといけない・・と思われますが、そんなことはありません。
問題は、ヤミ金問題の相談実績と解決実績があるかどうかです。
 
弁護士と言っても、専門分野が沢山あって、債務整理系を1回もやったことが無い弁護士も居ます。
もっと悪いのは、ヤミ金と結託している悪徳弁護士が居るのです。
こんなのに引っかかると、身の破滅です。

 

では、ヤミ金相談に関して弁護士と司法書士では出来る事の範囲が違うのでしょうか?
実は、それほど大きな違いはありません。
弁護士には依頼者の代理権があり、もちろん無制限です。
一方司法書士は140万円以下の金額の場合の代理権しかありません。
闇金融と法廷で戦う事になった場合、高額の場合は司法書士では対応できない・・という訳です。

 

でも、実際そんな事って多いのでしょうか?
闇金融って、実は焦げ付き率が相当高いのです。もちろん利益率がべらぼう(トイチとかトゴとかいう)
に高いので、強力な弁護士、司法書士が受任した・・と聞くと大抵は引き下がります。

 

もちろん、相手のヤミ金融業者が一歩的に正当性を主張したり、グレーな手法を用いて
裁判になった場合、司法書士では手が出ません。
強力な闇金相談専門の弁護士事務所なら、受けて立ってくれるでしょう。
でもそんな事例ってどのくらいあるのでしょうか?
それ以上に信用に足る専門家かどうかを見極める方が先決です。
もちろん、他の条件が互角なら、弁護士事務所の方が司法書士事務所より上なのですが。

 

ですから、弁護士と司法書士の違いは余り気にしない方が良いと思います。

 

ちなみに弁護士事務所の事は法律事務所と言います。一方司法書士事務所は法務事務所と言います。
司法書士は以前は不動産の登記がメインの仕事でした。
最近は、自己破産や過払い金請求といった債務整理関係の仕事も増えています。
債務整理は、余り法廷闘争になるケースが少ないので参入する司法書士事務所も増えました。
でも、ヤミ金相談は裏社会の人間と対決するので司法書士自身の身の危険も考えないといけません。(もちろん弁護士も)
これをメインにやっている司法書士の先生も立派だと思うのですが?

 

 

闇金相談ならコチラの事務所まで! ? ? ?

 

 

ジャパンネット法務事務所

 

 

 

 

 

ジャパンネット法務事務所の公式HPはコチラから