債務整理,弁護士

債務整理初心者の弁護士

最近10年ほどは、過払い金請求のバブルが続いていて
本来は債務整理なんてやった事が無い弁護士が債務整理の分野に流れてきています。
何しろ交渉事なんか全くなく、流れ作業に事務の仕事で濡れてで粟の様に儲かるのですから。
 
悪気はないのですが、前の分野の常識で債務整理を行うのではた目には
極悪としか言えないような事をやってしまうようです。
具体例としてこんな事がありました。
 
70歳代の年金生活者で多重債務の人がいます。
3社から借り入れているのですが(ヤミ金は無い)合計で僅か50万円の借入です。
 
A社:10万円 毎月1万円の返済で10回払い
B社:20万円 毎月2万円の返済で10回払い
C社:20万円 毎月1万円の返済で20回払い
合計で1か月4万円の返済なのですが 年金収入だけでは返済は難しいようです。
(計算の都合上 金利は考慮していません)

 
これを、以下のような任意整理を行ったそうです。
 
A社:10万円 毎月5000円の返済で20回払い
B社:20万円 毎月15000円の返済で13回払い(細かい残高は最後に纏めて返済)
C社:20万円 毎月8000円の返済で25回払い
弁護士報酬 15万円:毎月10000円の支払いで15回払い
 
どうでしょうか?
金融業者への支払総額は圧縮していません。
毎月の返済額は 40000円から38000円と僅か2000円しか減っていません。
何しろ40万円の債務整理に対して15万円も弁護士報酬を取るって???
常識では考えられません。
結局、流れ作業の事務処理で作業するので、こんな非常識な事が起こるのです。
まあ、40万円程度の債務で自己破産を勧める弁護士よりは救いようがあるのですが。
 

ちなみに、良心的な債務整理専門の弁護士の方に
「貴方の事務所に同じ相談されたらどうします?」
と聞いた処
 
・最初に債務の圧縮をする。
・報酬はお礼程度。(私の想像では1〜2万円でしょうか)
 
結局、債務整理を弁護士事務所にお願いしても、それぞれの事務所の対応で全く違うんです。
特に、過払い金請求を大量に受け付けている事務所ってどうなんでしょうか?

 

▼債務整理ならコチラの弁護士事務所がお奨めです▼

 

無能弁護士の実例

関連ページ

債務整理の具体例
債務整理の具体例を説明します。