一括返済

任意整理は同時に解決しないと意味が無い

多重債務者って4〜5社の貸金から同時に融資を受けている人の事です。
弁護士や司法書士に債務整理の解決を依頼した場合、必ず全部の
貸金業者の解決をしないといけません。
 
個人再生や自己破産は司法(裁判所)の力を借りて一気に解決してしまうのですが
反動もあり、
・官報に名前が載る → 闇金融の餌食になる
・ブラックリストに登録される → 新しい借り入れやクレカを作れない
などのデメリットもあります。
 
任意整理の場合は、こんな事はありません。
任意整理は弁護士の腕の見せ所で、
「返済を基本に交渉します。でも交渉が纏まらなければ依頼者に自己破産させて借金ゼロにするしかありません。
そうなると、そちらも債権が100%不良債権とありますが良いのですか?」
とか言って、交渉します。
・借金の金額の圧縮

・返済期限の延長
・将来利息の停止
を飲ませます。
 
しかし、中には交渉に応じない貸金業者もいるのです。
そして、5社中4社しか解決できませんでした。・・と言ってくる弁護士事務所もあるそうです。
その上で堂々と弁護士報酬を貰う・・変ですね。
これでは全く借金問題の解決になっていません。
 
確かに、任意整理に応じない貸金業者もあるのです。自己破産されたら全て損金に落とすのでしょうか?
でも、
・債務整理中、過払い金請求があって比較的多くのお金が纏まって入る
・債務整理を拒否した貸金業者の借金は大きくない
などの条件が有れば、そこだけ一括返済してしまう・・という方法もあるのです。
そうすれば、任意整理に応じた金融会社の債務を長年かけて無理のない方法で返済すれば良いにですから。

関連ページ

過払金請求
過払金請求ってよく聞きますが、どんなものなのでしょうか?
ブラックリスト
金融機関からお金を借りるとき、ブラックリストってよく聞きますが、どんなものなのでしょうか