ブラックリスト

ブラックリスト

お金を借りるとき、ブラックリストって良く聞きますが何のことでしょうか?
(一般にもブラックリストという名前は使いますが、今回は金融関係だけです)
 
でも、実際はブラックリストというリスト何て存在しません。
実際は、金融機関共通の顧客の信用情報を集めたデーターベースの事です。
そして、債務整理(任意整理を除く)を行うと、このデーターベースに事故情報を
記入される事です。
 
金融機関は、このデーターベースを元にして融資を依頼した人物が
過去に事故(債務整理)を行っていないかをチェックするのです。
 
では、ブラックリストに名前が載るとどんなデメリットがあるのでしょうか?
 

・クレジットカードを作る事が出来ない

・新規に融資を受ける事が出来ない

 
これが最低5年間続くと言われています。
信用情報機関のベーターベースで「この人に貸し付けても大丈夫?」かをチェックします。
過去に事故(滞納や債務整理)の実績があれば、金融機関でなくても融資を躊躇します。
 
唯、すべての金融機関が同じデーターベースを使っている訳でないのですが
どの信用情報機関も最低5年は事故情報を消しません。
また、載せられる情報も、事故情報だけでなく、他の金融機関からの借り入れ情報
や返済履歴なんかも載せられるのです。
ですから、融資を受けるとき嘘をついても全て判ってしまうし
実はkん優期間は嘘を言う人を極端に嫌うのです。
 
ちなみに、闇金融も闇金の間で信用情報?のデーターベースを作っているのです。
但し闇金は過去に債務整理を行っていてもまったく気にしません。
というより、闇金に借り入れを依頼する人は大部分がブラックリストに名前があるのです。
それでも、融資をお願いしに来た人に「どこまで貸せる?」かを調べているようです。

 

債務整理なら、コチラの弁護士に無料相談

関連ページ

過払金請求
過払金請求ってよく聞きますが、どんなものなのでしょうか?