闇金融の実態

闇金融の実態

闇金融は、振り込め詐欺などと同じように裏社会の人間です。
普段はその実態はつかめないのですが、元闇金の人にインタビューをしてみました、
感想としては、予想通りが7割で予想外なのが3割という処です。

 

1.一匹狼のヤミ金融ってほとんどいない。

 

私が最初に驚いたのは、ヤミ金業者ってほとんどグループで行動しているんですね。
昔からある、システム金融なんかは複数の専門家(?)が連携していると思っていたのですが
大抵は消費者金融の様に連携しているようです。

 

では、何でグループを組むのかと言うと、顧客(被害者)の個人情報をデータベース化できるから。
金融機関はメガバンクでも消費者金融でも信用情報機関に問い合わせをするわけです。
「この人、他でどのくらい借りているの?」「ブラックじゃない?自己破産している?」
何て情報を信用情報機関に照会しているんです。

 

実は闇金融も同じです。まさかメガバンクや消費者金融なんかの正当な信用情報機関を使っている訳では
ありません。
闇金融も闇金融が集まって個人情報のデータベースを作成しています。
このデータベース(リスト)に基づいて
「どこで幾ら借りたか?」「返済したか?」「滞納していないか?」なんて情報が一発で解るように
なっているんです。
これで、新規のお客?でも、「幾らまで貸せる?」「どのくらいの余力がある?」「親類にお金持っている人いる?」
何て情報も解ってしまうのです。
勿論、住所、勤務先、家族構成なんて当然の情報ですね。
私もまさかヤミ金融がこんなフランチャイズっぽい事をやっているとは思いませんでした。

 

2.ジャンプ

 

闇金融の用語でジャンプというのがあります。
普通金融の世界では「会社が発行した手形を引き落としの期日に別の手形を発行して工面する」
をジャンプと呼ぶのですが、これとは違います。

 

闇金は、大抵は天引きを行います。
例として 新しい顧客(?)の10万円融資するとします。
闇金の金利は恐ろしい事にトゴ(110日で5割)というべら棒な数字です。
 10万円から50%の5万円を引いて 5万円しか渡しません。(実際にはトジュウですね)
そして、10万円の借用書に押印させます。

 

10日立って、電話で督促します。「10万円なんて払えません」・・と泣きつくお客にたいして
「だったら利息分の5万円だけ返してくれ」・・と言って5万円だけ受け取ります。

 

つまり、お客にとっては返済日を先延ばしにしただけ。これをジャンプと呼んでいます。

 

しかし、ひどいですね。これなら借りたお金を10日毎に支払わないといけない訳です。
結局、破たんは目に見えています。

 

ここで、「10万円の借用書」と書いてあります。ここには金利については何も書かれていません。
理由は

 

・違法な金利を取っている事の動かぬ証拠にならない為
・後日、勝手に金利引き上げを行うため(10日で5割ではなく7割とか)

 

普通、ヤミ金を頼るお客は、既に自己破産したか多重債務で他からは借りれないのです。
「嫌なら他を当たりな」・・と言われても困ってしまうので、泣く泣く闇金融のいう事を聞いてしまっているのです。

 

又、このケースではお客は5万円の現金を受け取る事になっています。実際これならまだ良いほうでヤミ金の判断で
手数料などの名目で2千円、3千円、5千円などのお金が天引きされることも多いのです。
これでは10万円の借用で実際は4万5千円しか受け取れない。
これでも目の前のお金に飛びつかざるを得ないのです。

 

闇金融のジャンプについて説明しました。
実はここでも、細かいテクニックを使っているのです。
@融資額の利息を先取り(天引き)して、実際は半分(以下)しかお金を渡さない。
A返済日には元本は受け取らないで、金利分だけを受け取る。

 

これでAを繰り返した挙句、お客(被害者)はいつまでも払い続けることになります。
勿論違法なんで、被害者が弁護士に泣きついた場合
「わずかなお金で幾ら金利を払わせるんだ」
となってしまいます。
実は闇金融も考えたもので 金利(利息)を返済した時に再度契約書を作成するんです。
全く同じ契約書です。前の契約書は破り捨てます。
これでは「1回しか貸していないでしょ」・・という理屈なんです。
勿論、この時契約書作成手数料もしっかり天引きされてしまうんですけど。

 

 

 

 

ジャパンネット法務事務所の公式HPはコチラから

 

 

3.副業

 

貸金業者にもたくさんありますが、真面な消費者金融か闇金融か区別する方法もあります。
でも、実は消費者金融の中でも店長や社員がヤミ金の副業をしているケースもあるのです。
消費者金融の店舗に借りに来た人の信用情報を調べます。
そこで、目いっぱい借りているか多重債務者の場合、その店舗での借り入れは無理・・と
判断された場合です。

 

・その店長や社員がつるんでいるヤミ金を紹介する。
・お客を別の場所に通して(近くの喫茶店とか)店長や社員が貸し付ける(もちろん闇金)

 

なんてケースもあるそうです。
恐ろしい世の中ですね。

 

闇金の前職

 

闇金融で働いているやつって、だいたい20代のやつが多い。
勿論、統括とか店長とかになると20代っていうのは少ないのですが。
では、以前はどんな仕事をしていたのでしょうか?
まさか、新卒がヤミ金に就職する訳がないでしょう。
では、消費者金融に勤めていた社員がヤミ金を始めるのでしょうか?
それもあります。少し前の情報になりますが「元ホスト」という経歴を
持つ人がヤミ金の社員?をやっている傾向が多いそうです。

 

闇金融って無茶苦茶儲かる。?
という情報がそちらの方で流れていたそうです。
やはり、濡れ手で粟の職業って、たとえ違法でも魅力があるんでしょうね。
今では、当局や市民団体なんかに目をつけられているので
コチラの世界から転職する人は多いかどうか解りませんが
2010年までは、こんな経歴の人が多かったそうです。