闇金相談に関する質問

闇金は金融会社と思わない方が良い

先日、某闇金相談専門の司法書士の方と話す機会がありました。
闇金融って金貸し・金融会社みたいだけど実態は全く違うものと考えた方が良い。
「最初にお金を貸すことで、債務者(被害者)の個人情報を入手して
それをネタする恐喝団体だと思った方が良い。」
という事でした。
今では貸金業・金融機関は、行ってはいけない事が沢山あります。

 

・法定利率が決まっていて(年利20%)、それ以上受け取ってはいけない。
・総量規制があって、年収の3分の1以上貸し付けてはダメ。
・回収には夜の9時から翌朝の8時の間は行ってはダメ
・債務者の家族には返済義務は全くない

 

などです。
逆にヤミ金は貸金業ではないので、お構いなしです。
だから、図らずも闇金から借り入れてしまった人も、律儀にヤミ金に対応する
必要はないのです。
あくまで強気で対応すべきです。

 

でも、ヤミ金も恐喝・暴力などの犯罪行為を行いそうですが 誰にでも行う訳ではありません。
相手が弱い、金が取れる・・と判断すれば、しつこくどこまでも喰らいついてきます。
逆に言うと、相手が悪い、危険と判断すれば簡単に縁が切れる可能性が高いのです。

 

これが、ヤミ金相談専門も弁護士や司法書士が仲介すれば
闇金が逮捕されて実刑を食らう可能性も高いので、簡単に引き下がります。
しかも、実はヤミ金専門の弁護士・司法書士って実は非常に少ないのです。
私が知っている限りでは10事務所もありません。
逆に言うと、それだけ名前が知れ渡っているのです。

 

 

 

ジャパンネット法務事務所の公式HPはコチラから